TOP >  投資信託とは 投資信託

スポンサードリンク

投資信託は、少額の資金でいろいろな商品に投資できる

投資信託とは、多くの出資者から資金をあつめてファンドを作り、それを運用の専門家である投資信託会社に委託。
株式や債券、不動産、そのほか外国ファンドなどに投資して運用。
その収益金を出資者に配分するしくみの金融商品です。

投資信託の運営には、販売会社と運用会社がかかわります。
販売会社は、証券会社や銀行、最近は郵便局でも買えるようになりました。
運用会社は、投資信託会社やファンドですね。実際に、投資をする会社のことです。
基本的には、販売会社と運用会社はわかれているケースが多いのですが、
また、さわかみファンドやセゾン投信などのように、販売会社と運用会社が一体となっているケースもあります。

販売会社は販売手数料を、運用会社は、運用コストとして信託報酬を得ることで、
経営をなりたたせています。

ただ、ファンドを買う側の人間としては、販売手数料や信託報酬をどれだけ抑えられるかが大事になりますね。

セゾン投信で5000円から投資信託!さわかみ投信、バンガードにも投資
さわかみ投信で安全運用

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://jornada.xsrv.jp/mt/mt-tb.cgi/591

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)

関連エントリー

投資信託は、少額の資金でいろいろな商品に投資できる  

カテゴリー